スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

大交流会

<愛知県認知症家族支援連絡会発足!!>

11月11日  大交流会が開催された。
第四回目の今回はみよし市での開催となった。

参加者は介護家族・自治体職員・包括支援センター併せて
約200名。本当に大交流会だ。

今回は、愛知県認知症家族支援連絡会としての発足も行ったので
総合司会もおき、これまでより少し堅苦しい雰囲気で始めた。

連絡会にすることで、外に見える形を整えていくことと
家族同士の交流だけでなく、これまでは付き添いで参加していた
自治体担当者も包括の皆さんもそれぞれが情報交換できる場に
していくという大きな意味合いも持っている。

セレも二―の最期はお琴の演奏があり
70歳から介護の息抜きに・・とお琴を始めた方が
お嫁さんと一緒に心を込めて演奏をしてくださった。

そのあとは まずはみんなで記念写真  
そしてそれぞれの部屋に分かれて 1テーブル5.6人で14;20まで
おしゃべりしました。楽しかった!!

いやあ〜 さすが200人迫力あるわ〜
































 
kazoku-aichi * ひとりごとあれこれ * 23:59 * - * -

はまっています!!

<マイヒットジュース>

アピタ東海荒尾店の食品売り場の入り口に
100%リンゴジュース 498円と並んで
現品限り 広島産 はるか ストレートジュース 398円が
売っていた。

「え?!」これ安い感じがする・・・。
なんだか美味しそうだし。
中国・四国地方で収穫されるようで、
この辺りではあまり目にしない果物のジュースだ。
かんきつ系に目のない私は、すぐさま500CCのビン3本買った。

美味し〜い!! これはヒット、ヒット!!
100%のストレートで味は濃厚。
ちょっと苦みがあるがこれがまたいい。
絶対安い。なんでこの値段なのか??と思う。
おそらく定価は随分高いことだろう。

次の日もまた3本、その翌日も3本 そして翌々日は10本と
そこにあった現品限り結構買い占めたかもしれない。

事務所で1本ずつ配り、子どもが何本かのみ
あとは1人夜なべをしながら、ぐびぐびと飲んでしまった。
残すところあと1本。

子どもに見つかるとあっという間なので、
あとは秘密の冷蔵庫で楽しむことにしよう。

他はどこで手に入るのかネットで調べたら
これと同じ商品はめちゃくちゃ高かった!!びっくり。
やはりお得な買い物だった。

それにしても「はるか」絶品だ。











 
kazoku-aichi * ひとりごとあれこれ * 00:52 * - * -

昼神温泉旅行

<リフレッシュ旅行>

8月30日(日)・31日(月)
恒例の家族の会リフレッシュ旅行である。

毎年出かけていると、どこにしようか本当に困る。
旅行社 からは山梨や高山なども提案をしてくれた。

どちらも興味をそそられるが、
山梨はご本人同伴ではちょっと遠い。
高山は予算に収まらない・・と帯に短したすきに長し。
結局は近場でゆっくりできる昼神温泉にすることにした。

昼神は恵那山トンネルを抜けると、少し走れば到着するので、
手軽に出かけられる。

源泉が3本あり、どこからお湯を引いているのかで
泉質も多少違うが、ぬるぬるとして結構いいお湯なので
下呂温泉より私的には好きだ。

8月下旬に台風が2つきてから、日本列島が秋雨前線で覆われ
旅行の数日前から連日雨ばかり降っていた。
いい加減晴れないかと思って天気予報をみても
日曜・月曜は 降水確率70%。
前後の日も雨なので、こりゃどう考えても2日間もろに雨か・・・。

さすがに晴れ女の私も、これはお手上げと堪忍した。
でもなんと運のいいことか、
バスに乗る時は雨が上がっていてシメシメだ。

最初の停車は、恵那峡サービスエリア
ご本人同伴なのでトイレ休憩25分とゆったり取る。
ここでは雨がボツボツだったが、なんと恵那峡には
障害者用のバスの駐車スぺースがあるのだ。
まだサービスエリアで設けているところは少なく
中央道ではここくらいのものらしい。

添乗員がぬかりなく
バスに障害者用のマークを付けてきてくれたので、
スムーズにその駐車スペースに止めれた。

屋根もありすぐにエレベーターにも乗れる。
まったく傘いらずで、売店やトイレ休憩ができ
1台車いすの人もあったが、本当に助かった。

休憩を終えて、昼神温泉よりもう少し先の駒ヶ根までバスを走らせ、
早太郎伝説と光苔で有名な光前寺に到着した。
門前の蕎麦屋で昼食を済ませ参拝。

道中は雨が強かったりもあったが、運よく
小振りになり、比較的楽だった。

そのまま早めの2:30頃に旅館に入りまずは研修会。
補助金をいただいている関係で、
呑気に遊んでいるだけではいけないのである。
・・・そうはいっても堅苦しいものではなく情報交換と
リラックス体操だ。

その後部屋に入り、要介護者の方はサポーターの協力を得て
一緒に温泉につかり6:30からお楽しみ懇親会である。

今回は、介護者のMさんが、趣味で始めたバイオリンを
演奏してくださりとてもいい雰囲気ではじまった。
学生時代にやってみえて、自分のリフレッシュに何か・・
と思い、また習いだしたということだ。
随分お上手になってみえて、とても優しい音色である。

そのあとはカラオケ、最期は 紙芝居と定番のコースであるが
皆さんで存分に楽しんだ。


(皆で熱唱)













「2次会は601ですよ〜!!」
と案内し、宴会を終えた。

「みんなが楽しみにしているから・・」と
夫に頼んで地豆を茹ででもらい持って行った。

地豆とは落花生のことであるが、
うちの地域は落花生をゆでて食べるのであるが、
始めて食べる食べ方と言われる人が意外と多い。
これが酒のつまみにはとても美味しい。

夫は普段自分のつまみ用で作り慣れているので
茹で具合や塩加減など夫の方が上手いのだ。

焼酎・お酒・カクテル系・ビールと沢山あったが
今回は見事につまみも含めキレに完食した。
あっと言う間に時間が過ぎ3時20分解散となった。
さすがに徹夜はあとに響くので・・・。

もう一つ別の部屋でも2次会で盛り上がっていた。
75歳以上のご長老組の男性介護者5人だ。
いずれも奥さまが重度になられており、
「葬式の話で盛り上がっている。暗ーい話のグループだよ」と
言いながら、同窓会仲間に合ったかのように楽しそうだった。
こんな細かな話ができるのも、旅行ならではである。

おつまみを差し入れしたのであるが、
さすがにこの部屋はその日の内には就寝されたようだ。











翌朝、同室のスタッフは、6時前からお風呂に出かけていった。
なんと元気のいいことか・・・

朝カーテンを開けてびっくり
”晴れ”・・だ。
前日の天気予報は降水確率70%から50%に下がっていたものの
曇りと雨マークだったのに・・

ゆったりと10時に旅館を出発し、
この日は、まずはリンゴ農園で、リンゴパイづくり、
そのあと水引で見学がてらお昼を食べて、味噌蔵で見学、買い物をして
帰るというコースである。

意外と面白かったのはパイづくりだ。
農園なので、ブルーペリー狩りやジャムづくりなどメニューが
いろいろとあるが、一番安い600円のパイづくりを選んだ。

リンゴを煮てあるものをパイ生地の上に載せてクルクルと巻くだけであるが
その場で10分ほどで焼け、そのまま焼きたてを
紅茶を飲みながらたべれるのである。
2個作るので、お土産で持って帰ることもできる。
季節になるとリンゴ狩りも出来る。












もともと8月の下旬で暑いということを考慮し、
出来るだけ”屋根のあるところ”ということで
コースを作ってあるので、雨が降っても困らないのであるが
お陰様でずっと晴れていた。

その上、暑くもなくとても過ごしやすい2日間となった。
無事に楽しく終えることができたが、
なによりも私にとっては
まだまだ「晴れ女健在」の旅行となった。

捨てたものではない、力はまだ残っているようだ!!


















 
kazoku-aichi * ひとりごとあれこれ * 00:11 * - * -

もう7年目

<わかってちょうよ認知症2015>

8月29日
毎年恒例の、一宮市での講演会だ。

一宮市の家族支援プログラム終了後、
皆さんで認知症介護者交流会「ききょうの会」を発足し
その後に、その会の皆さんと一宮市とで
認知症啓発の講演会を開催するようになった。
平成21年のことである。

毎年1回開催しているので、今年で7年目となる。

朝10時に集合し
皆さんで椅子並べや看板づくりや資料作りと
準備を進めていく。
長年やっているので手慣れたものである

今日は、朝少し用事があったので、遅れて着いたら
準備はほとんど終わっていたので
その手早さにびっくりだ。

総合司会・あいさつ・介護体験と
会の皆さんで手分けして担当し運営していくので
コテコテの手作りの会である。

・・とはいっても内容は毎回とても充実している。
(自画自賛)

今回は、愛知県支部副代表の益田医師に基調講演をお願いしたが
外来を終えてくるので、後半の時間でということで
先に、パネルディスカッションを行った。

これまでは介護体験を話していただき
会場から質問を取り、介護の仕方をみんなで考えていくという
形が多かったが、今回は少し趣を変えて
介護保険のことを勉強することにした。

交流会に来る人も、
「どこに申請にいけばいいのかわからない」とか
中には民生委員の人でも知らない場合が多いのだ。

進行は例年通り私の役割である。
いつもの形だと質問をとって、その場で進行していくので
行き当たりばったりでいいのであるが
(これもでたとこ勝負で当日が結構大変だが)

今回は介護保険の学習なので行き当たりばったりと言うわけにもいかない。
一宮市で発行されている介護保険の冊子を使って、パワーポイントで
大きな項目を映し出し、本を見ながら進めることとした。

パネリストは介護者3名と包括支援センター1人なので、
皆さんの話をいかに盛り込みながら、
かつ分かりやすく伝えていくのかということでは、
結構事前の準備に時間がかかった。

一宮市の使っている介護保険のパンフレットが
まあ〜分かりにくいこと。
どうやってこれを料理しようか・・・

65分の時間をもらっているが、
実際に説明を終えるまでに、どのくらいの時間がかかるのか
まったく読めないので、進行するのもヒヤヒヤものだった。

開始が5分遅れで終了が予定時間の2分オーバーだったので
まあ持ち時間内には終えることができてやれやれだ。

分かりやすかったのか、このような場で
介護保険についての勉強会が適切だったのかは
皆さんの感想を読んでみないとわからないが、
パネリストで参加の、介護者の方も、包括の方も
いいお話をしてくださったので
いい感じで皆さんには伝わったのではと思う。

あ〜疲れた。

帰宅後は、明日から1泊2日のリフレッシュ旅行なので、
まだ事前準備で残っているバスの座席表づくりだ。

ご本人も数名同伴なので、乗り降り時のサポートに
ボランティアさんがうまく配置できるように
配慮しながら作っていくので、少々これにも時間がかかる。

それにしても何事も、見えないところでの仕事が多い。
まあ活動はそんなもんなんだけどね・・。
























 
kazoku-aichi * ひとりごとあれこれ * 00:58 * - * -

新人研修

<家族支援プログラム研修>

8月24日(月)
久々の家族支援プログラムの、新人研修の日である。
愛知県支部で作った
「家族支援プログラム」には、きちんと運営マニュアル があり
スタッフとして入る人は、この講座の研修を受講してもらうのである。

門外不出でもあるマニュアルであるが、
実はマニュアルをみただけでは、
習得できるものではない。

今回は
先に実践で少し経験をしてもらい
その後に、マニュアルを学習してもらう形にした。

そのほうがより具体的に理解が進む。
平成16年、18年に助成金で作成した、運営マニュアルビデオが
2本があるので、それを使いながら、細かに説明していく。

例えばグループワークでは、どのようにスタッフが
介入してサポートするのか・・・
実は座る位置まで細かに配慮している。

現在、ほとんどのスタッフは以前この講座を
介護者として受講している人達であるが、
この研修で始めて、受講していた時に
スタッフにいかに細かな気遣いをしてもらっていたのかを
知ることとなる。

受講時には決して気づかないことだ。
その細かなノウハウがこの家族支援プログラムを
作り出しているといってもいいかもしれない。

講座は完全にピアサポートでの実施であるが
介護経験があるからこそできる気遣いでもある。

今年は13自治体での実施。
会の3ケ所を加えて16ケ所となる。

多くは9月、10月からの開始なので、
これから毎日家族支援プログラム漬けの日々となってくる。

「講演であちこち忙しいですよね?」とよく言われる。
どうもそんな風に見えるらしい。
でも、実際には「家族支援プログラム」と「介護者交流会」で
手帳のほとんどがうまっているのである。

今年も、また新しい出会いが楽しみだ。
そしてスタッフの皆さんの、回を重ねるごとに
ステップアップしていく姿も楽しみだ。















 
kazoku-aichi * ひとりごとあれこれ * 20:17 * - * -

季節限定

<絶妙な味>

8月20日豊橋市の
「家族支援プログラム」の第一回目があった。

豊橋市での家族支援プログラムはこれで5回目となるが
毎回包括やケアマネさんたちはが頑張ってくれて
参加者を集めていただける。
今回も20名と定員いっぱいだ。

多いと情報量が増えるので、参加者はさらにパワーアップできる
半年後には皆さんの顔が随分変わっていることだろう。
とても楽しみである。

そしてもう一つ待ちに待った楽しみがある。
この季節でないと楽しめない和菓子だ。
昨年みつけて、その絶妙な味にほれ込み
1年待ちに待っていた。

豊橋商工会議所の前にある
和菓子屋さん「夢菓房童庵」の”玉妙滴”というお菓子だ。












巨峯を一粒、皮ごと求肥のようなもので続みグラニュー糖が
まぶしてある。この味のバランスが絶妙なのだ。






地元でも高級で知られている和菓子屋さんらしく
お店に入ると、すぐに美味しいお茶とお菓子を出していただける。
それだけでも高級感満載だ。
小さくてお値段も高めではあるが、どのおまんじゅうも
値段は値段で美味しい。

”玉妙滴”はぶどう一粒の大きさなので、
小さなものであるが、それで220円
消費税をいれるとなんと238円とびっくりだ。

でも、1年ぶりのお待ちかねだったので、奮発して買ってきた。
昨年より時期が早かったせいか、巨峰の味が少し酸味が強い気がする。
もう少しぶどうに甘味が乗っていると完璧なのだが・・

次回、豊橋は一月後に出かけるが、時期的にまだあるかなあと思うので
もう一度買ってこよう。
ぶどうの糖度が増して、さらに美味しい味に
出会えることを期待して・・




 
kazoku-aichi * ひとりごとあれこれ * 03:47 * - * -

ボランティアさんいっぱい

<千代田橋アピタイベント>

8月9日 アピタ千代田橋 認知症啓発イベント
昨年に続き2回目となる。

昨年は千代田橋店では、初めてだったので、
会のスタッフが中心になって実施し、
千種の包括や地域のボランティアさんはそれをお手伝いと
言う形で参加していただいた。

今年も「啓発活動どうですか?」とお尋ねしたら
皆さんで話し合い、「是非今年も・・・」ということになり
昨年に引き続き取り組むこととなった。

一度経験しているので、今回は私たちはサポート役にまわり
千種の皆さんに中心となっていただき開催することとした。

地元での認知症啓発を、地元の包括やボランティアさんが
中心となって行う・・とても理想的で、私たちが普及していきたい
と思っていた形でもある。

そのうち、各地の店舗で一斉に9月にアルツハイマー月間として、
このイベントが開かれるととても面白いし
啓発の効果も倍増することだろう。

千種区は、連携の会が活発に活動していることもあり、
多くのボランティアさんや地域包括の方等など 総勢で
30名を超える方たちが、午前午後と分かれて参加してくださった。
参加者の多さにはびっくりである。

これまでの千種の皆さんの地道な活動があればこそ、
このように人がつながっているのだろうなあ・・と思う。
素晴らしい地域づくりに拍手 👏 だ。!!


今年は、包括の方などがアンケートを取りながら
個別に話をする機会も多かったように思うので
年々認知症への関心が高まっているように感じる。
それだけ認知症がだれにも身近になってきているのでは・・と思う。

ちなみに、ブースを訪れてくれたかたは
大人アンケート約300人(認知症マンガ冊子300冊)
買い物ゲーム約230人 たこ焼きゲーム 約180人
配布風船 500個 紙芝居 1時間おき5回開催・・数えられない
ぬりえ・折り紙・・数えられない

と盛況だった。
アンケートは、子どものお父さんお母さんが多いので
若い層の人達に認知症を知っていただくいい機会ともなっている。

また来年もいっしょに楽しみましょうね!!

次は9月13日 東海荒尾店
  11月15日 名古屋北店











開発活動に参加してくださった皆さん。
これで半分です。














 
kazoku-aichi * ひとりごとあれこれ * 02:32 * - * -

ケアマネさん頑張ってます・・

<家族支援が生きるケアプラン講座>

8月8日
10:00〜16:30
丸1日かけた、ケアマネさん対象の研修講座

毎年、この時期に開催しており、
始めてからもう4,5年目になるかと思う。

参加資格は、ケアマネとしての経験年数1年以上である。

なぜ1年以上かというと
ケアプランは、基本的には要介護者を中心として
立てるが、そのケアプランの基礎がきちんとできたうでえで
介護者支援を考えていかないと、全てがぶれて
中途半端になってしまうからだ。

皆個々にケースが違うので、熱心なケアマネさんほど、
介護者への支援の重要性とその難しさの壁にぶち当たり
へこんでしまう。

最初にケアマネ劇団の 朗読劇
その後グループワーク
午後からご家族の生の声を聞き
心理ステップを学び
事例をもとにグループワーク・・と盛りだくさんだ。

今回は、毎月開催しているケアラーマネジメント勉強会の
成果ともいえる「立場別」(夫・妻・嫁・娘・息子)の
関わり方のポイントを一覧にまとめた表を配布した。

結構よくできているので、受講の皆さんにはお土産にも
なったかと思う。

クレーマー的な家族に困っていたけど、
研修会で助言もらって、ご家族の気持ちを大事にしたら
いい関係が作れるようになったと、
あとでお礼の電話が入っていたが、
とてもステップアップできる研修である。

朗読劇ではあるが、ケアマネ劇団も、とても上手で迫力がある。
これが見たいとわざわざ早くから来た
介護家族からは「感動した!!」と、好評だった。



















 
kazoku-aichi * ひとりごとあれこれ * 21:50 * - * -

おすすめパン屋

<趣味は・・・>

これと、あれと、ああこれも美味しいそう・・
とついついパン屋にいくと、たくさん買ってしまう。

”私パンを買うのが趣味なんです”というほどに、
パン屋を見つけると、ここのパンは美味しいかなあ・・と
つい買いたくなってしまうのだ.

今日も新しいパン屋に入った。
たまたま緑区の大高緑地の近くに出かけたので、
この地区の食べログ2位となっていた、
ブーランジェリークラックマンだ。
http://www.craquement.com/

小さなお店ではあるが、
さすが、2位だけあって美味しい。
手も結構込んでいる。
家族が多いので、あれもこれもと買って帰り、
少しずつ娘と食べ比べてみた。

どれも美味しく
遠いけど、また出かけようかなと
思うパン屋さんだった。

このあたりの食べログ1位は、石窯パンで有名な、ダーシェンカだ。
ここは本店が幸田町にあり、県内にも何店舗が支店をもち結構有名らしい。

私は、本店と大高しか知らないが、好みの味は大高店のほうだ。
本店では?とイマイチフィットしなかったが
大高店では評判はわかる気がした。
同じパン屋さんでも作り手が違うとこんなにも味が違うのか
と思ったほどだ。
大高店は生協病院の入り口の横にあり、とても賑わっているが、
値段は全体的には高めかな・・。

若年の勉強会などで数がたくさん必要な時もあるので、
これから何度か、ブーランジェリークラックマンまで出かけて
ここのお店のおいしさを探ろうと思っているところだ。
なんたってまだ一度しか食べていないので・・。

食パンが美味しいのは、バンのトラで
http://pannotora.com/gallery/
半田店にたまに出かけるが
食パンに、それほどずっしり感がなく、ほどほどのつまり具合と
甘味がありとても食べやすい。

ここのパンは、全体に大きさもそこそこあり
比較的お値打ちで、どのパンの味もいいので
本当によくにぎわっている。

知名度のわりに、イマイチなのが
東浦にあるアンティーク だ。
(地元のパン屋食べログは一位だけど・・)
チョコリングが有名になって、それはまあまあだが
全体に値段が高く、その割にはパンの旨みはイマイチだ。
申し訳ないが・・この値段だして、
これくらいならどこでも食べれるかなと思ってしまう

たまに食べたくなって足が向くのが
東浦にあるパン工房 麦(ばく)だ。
隠れ家的な場所にあるパン屋だが、
http://loco.yahoo.co.jp/place/g-tTuTVZNWwLY/photo/
ハード系の固いパンが多く、このハード系のパンの味がとてもいい
とても固いのであるが またこれが病みつきになるのだ。

障害者施設の運営している
ひかりのさとファームパン工房の
http://pannotora.com/gallery/
くるみ食パンは、とてもたくさんのくるみが入っていて
どこのくるみ食パンよりも美味しいので一押しだ。
でもあまりたくさん作っていないので、
早くいかないと手に入りにくい。

それともう一つ
パンではないが、お勧めバームクーヘンがある。
パスコ(敷島パン)のバームクーヘンだ。

スーパーで5個入り、298円とか値段がついて販売している
どこでも手に入るあれだ。
意外とこれが美味しい。

ヤマナカスーパーにはたまにホールのものが売ってあり、
値段も980円とお値打ちなのである。
ホールは、増量6個入り298円の4袋と同じ分量になるので結構大きい。

うちの近くのケーキ屋ではこの半分くらいの量で
バームクーヘンが1260円もする。
しかも、ロールが弱く詰まっていないので、イマイチ美味しくない。

ケーキ屋より、スーパーで買えるバームクーヘンが美味しいだなんて・・・
そう思って近くのケーキ屋の味と値段と比べてみるといいかも・・。
パスコ意外と捨てたものではない。







 
kazoku-aichi * ひとりごとあれこれ * 22:27 * - * -

美味しゅうございます

<会報ランチへ行く>

7月31日
今日は会報担当の打合せ会である。

隔月で発行しているので
8月号は今日を含めて会報委員は4日間
集まることとなる。

初日には、全体の原稿の中身を決めているので、
まずは次号10月号の概略の予定と担当を決めて、
そのあと実際にすぐに発行する8月の細かい詰めをし、
打合せは終わりである。

私はいつも次の予定が入っていることが多いので、
終わるとそそくさと次の予定をこなすのが毎度なのであるが
今日は、出かける予定は何もない。

「ランチ行く?」
「いく、いく・・・」
と午後から電話相談に入るスタッフの
うらやましそうな顔を眺めながら
置き去りにして出かけた。

少し遠出をして、車で名古屋まで・・
といっても 今は名古屋高速の東海道線のお陰で
ゆっくり走って30分ほどで到着だ。

場所は錦3丁目
左阿彌(さあみ)だ。
http://www.saami-nagoya.com/index.html

美味しい!!
会報担当リフレッシュ!!!

◆おまかせ寿司御膳 1,500円(税込)










 
Check
kazoku-aichi * ひとりごとあれこれ * 23:29 * - * -
このページの先頭へ